ご法要の準備について札幌パークホテルからのご案内です。


札幌パークホテル > ご法要 > ご法要の準備

ご法要の準備

ご法要には、故人を偲ぶために、多くの方々が集まります。
そのため、遠方からお越しいただく列席者のことを考えて、JRや地下鉄駅も近く、駐車場も完備したホテルでのご法要が増えています。

〇 札幌パークホテルのアクセス・周辺情報についてはこちらをご覧ください。

自由法要について

特定の宗教や宗派にこだわらずに、故人を偲ぶ追悼会を催すことも増えています。無宗教の葬儀もこの方法を採ることが多いようです。
この場合、ホテル等の会場に遺族と友人が集まり、ご会食を共にしながら故人との思い出を語り合うといった形式が一般的です。
なお、葬儀にふさわしい演出として、祭壇装花に故人が生前好んだ花を使ったり、司会者による進行や集合写真の撮影、思い出の写真のスライドやビデオなどの上映もあります。

新盆には心のこもったご法要を

お盆(一般に八月十三日~十六日)は、先祖の霊が家に帰ってくる期間とされ、この間にさまざまな行事が行なわれます。特に四十九日が終わった忌明けの後、初めて迎えるお盆を「新盆」または「初盆」といい、近親者を集め、心のこもったご法要を営みます。
ご法要は、身心を正し、心を静め、故人の冥福を祈るとともに、仏様の心、故人の教えを改めてくみ取るための儀式です。その意味でも、新しい仏様(故人)をお迎えする「新盆」は、大切な追善供養のひとつです。
祭壇をきちんとお祭りし、仏様をお迎えすることで、迎える側の思いや願いも立ち上るお香とともに、きっと届くことでしょう。

ご法要の準備~施主と日取りの決定~

三~四ヶ月前から準備を進めましょう。
まず、ご法要の主催者である施主(せしゅ)を決めます。一般に葬儀で喪主になった人が務めます。

次に日取りを決めます。最近は命日の直前の休日に執り行われることが多いようです。
式は午前中に行い、ご会食を昼食に合わせるのが一般的ですが、遠方からお招きする方が多い場合は、無理のない時間を合わせられるとよいでしょう。

ご法要の準備~会場・人数~

ご法要に招く方の範囲については、故人との関係を中心に決めていきます。
一周忌までは、近親者、友人や知人、勤務先の関係者など故人が生前、お世話になった方々を広くお招きします。

三回忌以降のご法要については、親類縁者を中心とした関係の深い方にしぼっていかれるのが一般的です。

会場も人数・顔ぶれに合わせて

ホテルでは、ご焼香ができる専用会場など、ご法要に向いた部屋もご用意しています。
また、会場は、出席者の人数や顔ぶれに配慮して選びたいものです。
その意味で、人数に合わせて大中小の部屋から選択できるのもホテルならではといってよいでしょう。
特に、ご年輩の方は椅子席を好む傾向にあり、ホテルでは洋室、和室のどちらでも対応可能です。

ご希望の雰囲気作り、演出で

ご法要と一口にいっても、仏式、キリスト教式、神式では、会場作りが異なります。もちろんホテルではそれぞれにふさわしい祭壇やお花、会場入り口などにきめ細かく配慮し、会場の雰囲気をつくることができます。
また、ご希望に合わせて集合写真の手配や施主の着付け、ヘアセットなども承ります。

ご法要の準備~全体のスケジュール~

60日前ご案内状をお出しする方の名簿の準備。
50日前ご案内状の作成、印刷および宛名書きの手配。
当ホテルに見本のご用意がございます。
40日前ご案内状の発送。
30日前ご法要式、お料理、祭壇、引物等の打ち合わせ。
20日前ご出席者の確定。
12日前
ご出席人数が確定しましたら、席次表作成、 席札、お料理、お引物等を手配します。
3日前最終打ち合わせ。
宗派、ご法要式、ご出席者、ご会食、お引物等細部にわたって最終確認をさせていただきます。
当日ご遺影・ご位牌をご持参ください。
服装は正式喪服か準喪服になります。

ご法要の準備~ご案内状の手配~

六十日前にはご案内状を手配します。
親しい方には電話だけでもかまいませんが、多くの方をお招きするときは返信はがきを案内状に同封するとよいでしょう。
なお、札幌パークホテルでは、ご案内状の作成、宛名書きなども代行しておりますので、ご相談ください。
四十日前には案内状を投函します。

出欠等の確認

十二日前には出欠を確認し、当日の準備として席順、料理、引物等を手配します。
三日前には、会場担当者と法要式、会食、引物などを最終チェックしておきましょう。
ご法要の準備、申し込みや相談は、なるべく早めに済ませておくと、ゆとりができ、何かと安心です。

ご法要の案内状例

兄弟や近しい人には電話の通知でもかまいません。
しかし目上の方や、故人とは親しくても家族とあまり交流のなかった方には、案内状をお送りするのが丁寧な方法です。
案内状には特に決まった書き方はありませんが、「故人(戒名)の何回忌のご法要か、いつ、どこで行われるか」は必ず記します。案内状には返信用のはがきを同封し、出欠を知らせてもらいます。

ページトップ

法要サポート

ご法要には、故人を偲ぶために多くの方々が集まります。遠方からお越しいただく列席者のことを考慮すると、地下鉄駅も近く、駐車場を完備した札幌パークホテルは好立地にあります。また、中島公園の自然に隣接した閑静なたたずまいは、ご法要にふさわしい環境です。

  • ◆当日の進行を完全サポート
    ご法要の進行は、経験と知識の豊かなホテルスタッフが始めから終わりまでサポートします。
    供養の作法や列席者、僧侶への配慮に不安のある方も安心です。
  • ◆会場も人数・出席者に合わせて
    札幌パークホテルでは、ご焼香ができる専用会場など、ご法要に適したお部屋もご用意しています。
    また、会場は、出席者の人数や顔ぶれに配慮して、大中小のお部屋からお選びいただけるのもホテルならではと言ってよいでしょう。
  • ◆ご希望の雰囲気作り、演出で
    仏式、キリスト教式、神式などそれぞれにふさわしい祭壇やお花、会場入口などにきめ細かく配慮し、会場の雰囲気をつくることができます。
    また、祭壇装花に故人が生前好んだ花を使ったり、司会者による進行や集合写真の撮影、思い出の写真のスライドや映像の上映もできます。
    特定の宗教や宗派にこだわらずに、故人を偲ぶ追悼式やご会食などもご相談いただけます。
    なお、ご希望に合わせて集合写真の手配や施主様の着付け、ヘアセットなども承ります。

ページトップ

札幌パークホテル
〒064-8589 北海道札幌市中央区南10条西3丁目
TEL:011-511-3131 FAX:011-531-8522

GRANVISTA Hotels & Resorts Co., Ltd.

© 2019 GRANVISTA Hotels&Resorts co.,Ltd. All Rights Reserved.