札幌パークホテル > ご法要 > ご法要の知識と作法 > 仏式の作法

仏式の作法

※地域や宗派によって異なる場合もございます。 不明な点はご法要担当者までお尋ね下さい。

ご法要とは

ご法要は故人の冥福を祈り、供養するための大切な行事です。 親しかった人々が集まり、故人との想い出を語り合いながら、在りし日を偲びます。

ご法要の種類

亡くなった日を入れて七日目ごとに忌日(いみび)があり、故人の供養をします。

七日目を初七日(しょなのか)、十四日目を二七日(ふたなのか)、二十一日目を三七日(みなのか)、二十八日目を四七日(よなのか)、三十五日目を五七日 (いつなのか)、四十二日目を六七日(むなのか)、四十九日目を七七日(なのなのか)といい、これをもって「忌明け」とします。

特に初七日と忌明けの四十九日は大切な日とされ、親戚、知人を招いてご法要を営むのが一般的です。

四十九日のあとは百か日、一周忌(満一年目)、三回忌(満二年目)、七回忌(満六年目)、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌と続きます。

なお、一周忌以降のご法要を年忌法要といい、基本的に故人の祥月命日(しょうつきめいにち・故人の死んだ月日と同じ月日)に法要を行います。

ご法要の当日は僧侶を招いて読経してもらい、遺族や友人、知人が仏壇にお線香をあげます。
終了後は、「お斎(とき)」というご会食の席を設け、僧侶と参列者をもてなします。

ご法要での僧侶への謝礼は「お布施(おふせ)」と書き、白い無地の封筒に入れ、ご会食の済んだ後に別室にて渡します。
僧侶が早く帰る場合には法要終了後にしましょう。

仏式のご法要

初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日

初七日は、忌日の中でも特に重くみられています。
七七日は、浄土に行けるかどうかの最後の審判の日といわれ、初七日同様、盛大にご法要を営みます。

百か日

故人に向かって、遺族が平常な生活に戻ったことを報告するためのご法要です。

一周忌

亡くなった年の翌年におこなう年忌法要。
親類、故人の知人、友人などを招き。ご法要を営みます。

三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌

ごく内輪で営むことが多い年忌法要です。

三十三回忌、五十回忌

「弔い下げ」とするご法要です。
なお、仏教ではどんな罪を犯した人でも、三十三年目には無罪放免となり、清浄なる姿となって、極楽往生できるようになるといわれています。

供物料の表書き

水引は黒白または双銀を用い、表書きは四十九日まで「御霊前」四十九日以降は「御仏前」。

宴会予約係 011-511-3137

ページトップ

法要サポート

ご法要には、故人を偲ぶために多くの方々が集まります。遠方からお越しいただく列席者のことを考慮すると、地下鉄駅も近く、駐車場を完備した札幌パークホテルは好立地にあります。また、中島公園の自然に隣接した閑静なたたずまいは、ご法要にふさわしい環境です。

  • ◆当日の進行を完全サポート
    ご法要の進行は、経験と知識の豊かなホテルスタッフが始めから終わりまでサポートします。
    供養の作法や列席者、僧侶への配慮に不安のある方も安心です。
  • ◆会場も人数・出席者に合わせて
    札幌パークホテルでは、ご焼香ができる専用会場など、ご法要に適したお部屋もご用意しています。
    また、会場は、出席者の人数や顔ぶれに配慮して、大中小のお部屋からお選びいただけるのもホテルならではと言ってよいでしょう。
  • ◆ご希望の雰囲気作り、演出で
    仏式、キリスト教式、神式などそれぞれにふさわしい祭壇やお花、会場入口などにきめ細かく配慮し、会場の雰囲気をつくることができます。
    また、祭壇装花に故人が生前好んだ花を使ったり、司会者による進行や集合写真の撮影、思い出の写真のスライドや映像の上映もできます。
    特定の宗教や宗派にこだわらずに、故人を偲ぶ追悼式やご会食などもご相談いただけます。
    なお、ご希望に合わせて集合写真の手配や施主様の着付け、ヘアセットなども承ります。

ページトップ

札幌パークホテル
〒064-8589 北海道札幌市中央区南10条西3丁目
TEL:011-511-3131 FAX:011-531-8522

GRANVISTA Hotels & Resorts Co., Ltd.

© 2019 GRANVISTA Hotels&Resorts co.,Ltd. All Rights Reserved.