ご法要の知識と作法のご案内です。


札幌パークホテル > ご法要 > ご法要の知識と作法

ご法要の知識と作法

生きているわたしたちの誰もが“その時”を迎えます。招く時も招かれた時も、ご法要では故人への供養の気持ちを大切にしたいもの。
ここでは、心を込めたご法要を営むために、必要なマナーと知識をご紹介します。

ご法要に招かれたら

通知を受けたら、できるだけ早めに出欠の返事を出します。
ご法要に招かれたら、都合のつく限り出席しましょう。やむをえず欠席するときは、ご法要当日までに供物料を送り、後日ご焼香にうかがいましょう。
服装は男性ならダークスーツで、地味な色合いのネクタイ、靴下にします。女性は地味なワンピースかスーツで、派手なものは避けましょう。
ご法要は招待された人が参列するのですから、遅刻はもちろんマナー違反。15分~20分くらいの余裕を持って会場に行きましょう。
あいさつについては、難しく考えずに「ご供養の席に加えていただきありがとうございます。ご焼香させていただきます」でよいでしょう。
持参する供物料には不祝儀袋に「御霊前」「御仏前」などと記して渡します。

北海道のご法要

北海道では、初七日の後、忌明けまでの供養はごく身内で行うのが一般的です。
ただし、北海道や都心部では遠方から足を運ぶ親戚に配慮して、初七日は葬儀に引き続き繰り上げて行う傾向にあります。忌明けは四十九日で僧侶を呼びご法要を行います。
また、年忌は一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七、二十三、二十七、三十三と続き、三十七回忌で「弔い上げ」とすることが多いようです。
なお、 ご法要のしきたりや用語は方言がそれぞれ違うのと同じように、地域や宗派によってさまざまです。不明な点がございましたら、ご法要担当者までお尋ね下さい。

卒塔婆(そとば)供養するとき

故人に対する感謝と供養の気持ちを表したのが卒塔婆です。
卒塔婆はサンスクリット語のストゥーパ(「塔」の意味 )がもとで、釈迦の墳墓だったものが原型となっています。サンスクリット語で宇宙全体を表す「空、風、火、水、地」が書かれ、その下に故人の戒名が記されています。
年忌法要のときに、施主のほか、親類や友人など誰でも申し込むことができます(浄土真宗では行われません)。
卒塔婆供養をしたい場合は、あらかじめ施主に料金を聞いておき、当日は供物料とは別に白封筒に「御卒塔婆料」と記して現金を包み、施主に渡します。

どうして四十九日

仏教宗派の多くは、死者は七日ごとに生前の功罪を裁かれるといいます。その判決がよいものになるように行われるのが、初七日、二七日など七日ごとの追善供養なのです。
四十九日は判決の最終日にあたり、死者の運命が決まる裁判の日といわれています。だから遺族はお経をあげ、お花を供えて故人が極楽に行けるのを助けるのです。
もともと、古代インドでは人間は輪廻(りんね)転生するものと考えられていました。誕生の瞬間を「生有」、生きている間を「本有」、死の瞬間を「死有」、そして死んで次の生を得る間を「中有」または「中陰」と呼び、中有は四十九日であるとされていました。この間七日ごとにご法要を行い、四十九日を「満中陰」といって、遺族は家を出ずに謹慎するのが普通です。四十九日を過ぎると「忌明け」となり、通常の生活が許されました。

お布施の由来

お布施は、お金や物資などを与える「財施」、仏教の教えを説く「法施」、おそれをとり除く「無畏施(むいせ)」などを実践することで、「五欲のむさぼり(財欲、色欲、飲食欲、名誉欲、睡眠欲)」から心を解き放し、物心両面からの救いを願って行われるものです。

お布施は直接手渡すのではなく、小さなお盆にのせ、僧侶の方に向けて差し出します。

お布施は、もともとはサンスクリット語で布施、施しを表す「ダーナ」に由来しています。仏法を広めるために、在家の立場から僧や寺院を支えることを意味しますが、施しをする人も「檀那(だんな)」と呼ぶようになり、それが転じて自分の使える主人を呼ぶ言葉になったといわれています。

お布施は本来、定価があるものではないのですが、やはり気になるところです。
その土地や風習、寺格、またお寺との交際の度合いによって異なりますから、できれば直接お寺に聞いてみるのがよいでしょう。

宴会予約係 011-511-3137

ページトップ

法要サポート

ご法要には、故人を偲ぶために多くの方々が集まります。遠方からお越しいただく列席者のことを考慮すると、地下鉄駅も近く、駐車場を完備した札幌パークホテルは好立地にあります。また、中島公園の自然に隣接した閑静なたたずまいは、ご法要にふさわしい環境です。

  • ◆当日の進行を完全サポート
    ご法要の進行は、経験と知識の豊かなホテルスタッフが始めから終わりまでサポートします。
    供養の作法や列席者、僧侶への配慮に不安のある方も安心です。
  • ◆会場も人数・出席者に合わせて
    札幌パークホテルでは、ご焼香ができる専用会場など、ご法要に適したお部屋もご用意しています。
    また、会場は、出席者の人数や顔ぶれに配慮して、大中小のお部屋からお選びいただけるのもホテルならではと言ってよいでしょう。
  • ◆ご希望の雰囲気作り、演出で
    仏式、キリスト教式、神式などそれぞれにふさわしい祭壇やお花、会場入口などにきめ細かく配慮し、会場の雰囲気をつくることができます。
    また、祭壇装花に故人が生前好んだ花を使ったり、司会者による進行や集合写真の撮影、思い出の写真のスライドや映像の上映もできます。
    特定の宗教や宗派にこだわらずに、故人を偲ぶ追悼式やご会食などもご相談いただけます。
    なお、ご希望に合わせて集合写真の手配や施主様の着付け、ヘアセットなども承ります。

ページトップ

札幌パークホテル
〒064-8589 北海道札幌市中央区南10条西3丁目
TEL:011-511-3131 FAX:011-531-8522

GRANVISTA Hotels & Resorts Co., Ltd.

© 2019 GRANVISTA Hotels&Resorts co.,Ltd. All Rights Reserved.