パークタイムス11月12月
3/24

PARK Styleしてきました。ロハスを意識したヘルシーな料理を、契約農家やグランビスタファームから調達した野菜をはじめ、地域の食材にこだわって仕立てています。ホテル中庭で育てたハーブの香りもお楽しみください。 中国料理では、日本における四川料理の父と呼ばれる陳健民氏が監修した『四川料理 桃源郷』も、当ホテルを代表するレストランです。本場の伝統を今も受け継ぎ、甜麵醬、豆板醤、ラー油など調味料も自前で発酵させた手作り。四川麻婆豆腐などなじみ深いメニューも数多く揃っていますが、レストランのオープン当初のレシピどおり、もち米をブレンドして炊いたごはんを使って、しっとりとした食感に仕上げたチャーハンは桃源郷ならではの特徴で、今でもファンを惹きつけています。 館外レストランの『テラスレストラン キタラ』のコンセプトはアメリカンキュイジーヌ。フレンチやラテンアメリカ、アジアなどの食材・調理法を取り入れたアメリカ料理が、その語源です。フレンチの経験を持つ調理長をはじめ、若手の料理人が日々、流行を捉え、アイデアを出し合ってディナーからヌードル、ハンバーグなどオリジナルメニューを開発しています。音楽鑑賞の前後に、また、中島公園の散策ついでに気軽に立ち寄れる、心地よいスペースであることも目指しています。 創業当初の思いと、磨いてきた技法をしっかり伝承しつつ、時代にマッチした一品をお届けする各レストランに、今後もご期待ください。2

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る