札幌パークホテルの結婚式 > コンセプト

コンセプト

1964年の開業以来、私たち札幌パークホテルが一貫してこだわり続けてきたものは、お客様に感じていただく「心地良さ」。お待ち合わせやお食事、ご会合、ご宿泊など、お立ち寄りいただいたすべての方々との出会いに感謝の気持ちを忘れることなく、細心のサービスとホスピタリティで、常に満足していただける「心地良さ」をお届けしてきました。それが、お客様をお迎えすることを何より大切に考える「ホテル・ザ・スピリッツ」であり、私たちの誇りでもあるのです。

まずは、おふたりのこだわりを知ることからプランニングが始まります。

ブライダルプランナーたちのお手伝いは、何気ない会話の中からおふたりの「こだわり」を感じ取ることから始まります。できるだけ時間を掛けて、まるで家族のようにお付き合いさせていただきながらのコミュニケーション。それは、おふたりの思いをプランナー自身の想いとして共有し、一緒に考えながらお手伝いさせていただくためのものです。  ドレスは、イタリア直輸入ハンドメイド「GRANMANIE(グランマニエ)」をはじめとした幅広いラインナップから、花嫁さんの想いにふさわしいドレス選びの的確なアドバイス。ミリ単位まで調整される衣裳合わせや入念なヘアメイクリハーサル。そして、その日をより美しく迎えるためのウエディングエステや親近感のあるフィニシングスクール、おふたりの幸せを彩るブライダルフラワー。  こうしたお付き合いを通して、おふたりの想い描くセレモニーへの準備は着々と進行していきます。

純白をまとう歓喜の舞台、想いを叶えるオートクチュールな1日の幕開けです。

ハレの日を迎え、おふたりの誓いの時が近づきます。緑深い庭園の中に佇むチャペルを見下ろすブライズルームで、おふたりのための準備がコンシェルジュたちによって進められます。  厳格な時の流れを感じるチャペル式、青空の下でのフラワーシャワー、そしてたくさんの祝福にお応えするおもてなしのパーティー。感動あふれる舞台のさまざまな場面が、おふたりのこだわりと夢をトレースしていきます。  私たちは、おふたりの想いを理解した上で、そのこだわりを可能な限り具現化させたいと考えます。ロケーションを生かした庭園舞台、たとえばクライマックスを彩るイルミネーションや花火のイリュージョン。バンケットを情熱のダンスフロア風に…。すべてはおふたりの想いを叶えるドラマチックな1日のために―

ゲストへのおもてなしの気持ちを色彩と味覚のテーブルに込めて。

おふたりの「もてなしへのこだわり」の見せどころとも言えるのがバンケットメニューです。「老舗の神髄は料理にあり」。たゆまぬ伝統を継承する卓越のグルメは、私たちが誇りをもっておすすめする思考の逸品たち。  フレンチ最高の称号「Escoffier(エスコフィエ)」の栄誉を受け、皇室をはじめ多くの国賓や公賓をお迎えしてきた総料理長をはじめとする匠たちの味覚と彩り、きらびやかなテーブルウェア、配膳のタイミングに至るまで、五感に感じられるすべてに卓越した正統派バンケットメニューを豊富にラインナップ。また、日本料理の至宝「なだ万」による粋で繊細な和食メニューも、北海道で唯一お選びいただくことができます。

幸せを重ねていくおふたりにとって、常に心地よいホテルであり続けるために。

札幌パークホテルは、おふたりにとっての大切な記念の場所。そして、私たちにとってもおふたりとの出会いが刻まれる場所。およそ半年間のお付き合いを通じて築かれたものに「心地よさ」を感じていただけたのなら、それが私たちの何よりの幸せとなります。  おふたりの想いを叶えるお手伝いはもちろん、夢を叶えたその日から始まる末永いおふたりの歩みの中で、いつでも、そしていつまでもお立ち寄りいただける「心地よい場所」であり続けたいと考えます。

スタッフインタビュー

各スタッフからこれからご結婚されるご予定の皆様へのメッセージです。
>> スタッフインタビューはこちら